MICS.TOKYO

定額音楽配信サービスを聴く

AppleMusicでmoumoonを聴く

定額ならではの体験をしたくて、知らないアーチストの音楽ばかりを聴いている。J-POPも近年は一様にレベルが高くて、オリジナリティにこだわらなければ、つまり「どこかで聴いたことのあるような曲」であれば、どれもなかなかいけてると思う。それはそれでよい。できれば外国で聴けるようになるといいよね。定額音楽サービスの文化的可能性はそこにこそある。

https://itun.es/jp/tU2Pw

AppleMusicでいろいろ発見

昨日今日でAppleMusicで4905曲、390時間分を追加したらしい。ダウンロードはしないでいる。4980円のFireを買ったので、それにダウンロードしようと思っている。これは「パーセルに基づく即興曲」ということなんだけど、なかなかいいね。ながらするには最高である。こういうのは、いきなり購入できないから。

itun.es

AppleMusicで「やる気をアップさせる女性アーチストの曲」を聴く

Apple Musicでプレイリストを試してみる。もとは私の所有物から派生したものが出てくるので、For Youを見ると、懐かしいのがざくざく出てくる。Appleはハートマークをクリックしてチェックしておくと、どんどんリストに加わっていくんだね。いろいろ試しているので、各社の仕様の理解がごっちゃだ。

 

 

アマゾンプライムの専用アプリでムローヴァによるバッハの無伴奏を聴く

アマゾンプライムの専用アプリでムローヴァによるバッハの無伴奏を聴く。これはCDでも持っていたが、こっちはこっちでけっこう音いいぞ。クラシックだとけっこう歴然。ビットレートは3種類で自動設定だそうだから、環境によってちがうことになる。ひかりで新しいマシンだと、けっこういける。

アマゾンプライムのアプリもインストールしてみた

ASIAを聴きながらアマゾンプライムから121点のアルバム・3134曲をライブラリに入れてみた。これらはダウンロードせずにストリーミングで聴ける。「毒をくらわば」で、すすめられるままに専用アプリをインストール。なるほどね。要するにプライム扱いされるのは、すでに私がアマゾンで買ったアルバムとその周辺ジャンルなのである。だから、私の嗜好性はすでに織り込み済みなのだ。私にとってのプライムは、きっと他人では全然ちがうのであろう。だから共有できないのじゃないか。アート・ペッパーとかバッハやシューベルトの小編成のアルバムなんかがぞろぞろでてくる。コンプリート欲求をそそる仕掛けなんだね。

アマゾンプライムで甲斐バンドを聴く

甲斐バンドの「ポップコーンをほおばって」をアマゾンプライムで聴いている。聴きながら共有はできない。特筆すべきは、価格のついた商品とプライムの会員無料のストリーミングが混在してオススメされることだ。あぶないあぶない。つい、ポチッといってしまいそうだ。さっきもキング・トーンズの「グッド・ナイト・ベイビー」をポチりそうだった。こっちは有料。

アマゾンプライムが音楽配信を始めた

アマゾンプライムのミュージックが始まったとのことで確認する。いしだあゆみとドナ・サマーを聴いてみた。まだシンプルだが、そのうちディープラーニングして、痛いところをオススメしてくるにちがいない。ここでは私的所有の概念は健在だ。グーグルとは全然違う世界観。しかし数が多いので、プレイリストが勝負になるのは皆同じ。まだ共有ができないようだ。